読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きゃすのキラキラブログ

好きなもの/ことを布教するブログ ゲーム会社員が書いてる

友人?ソウルメイト?新しいラブストーリー映画『once ダブリンの街角で』

スポンサーリンク

はじめに:結ばれる or 別れるだけがラブストーリーじゃない

最後まで見て、おお、こんな男女関係を描いた映画もあるのか、こんな感情になるのは何の映画なんだろう、と自問しました。

何の映画かと言われると、紛れも無くラブストーリーです。

 
そうなんですけれど、いわゆる甘ったるいラブストーリーではなく、なんというか、ソウルメイトって言うんでしょうか、同士のような関係を描いたラブストーリーって感じですね。いや、愛なんですけどね。難しい。

ONCE ダブリンの街角で [Blu-ray]

ONCE ダブリンの街角で [Blu-ray]

 

 

スポンサーリンク

 

 

目次

あらすじ&作品概要

2008年アカデミー賞 歌曲賞受賞!

この音楽に世界が沸いた! アイルランドの小さな“宝石"が多くの映画ファンを魅了し、奇跡の大ヒット! 人生でたった一度、心が通じる相手に出会えたら…ストリートから始まるラブストーリー。

ある日、ダブリンの街角で、男と女が出会う。男は、穴の空いたギターを抱えたストリートミュージシャン。女は、楽器店でピアノを弾くのを楽しみにしているチェコからの移民。そんな2人を音楽が結びつけた。

彼が書いた曲で初めてのセッションに臨み、意気投合する2人。次第に惹かれあうものの、彼らは互いに断ち切れぬ過去のしがらみを抱えていた。もどかしさを胸に秘めたまま、2人の気持ちが揺れ動いていく…。

主演:グレン・ハンサード/マルケタ・イルグロヴァ
脚本・監督:ジョン・カーニー
製作:マルチナ・ニーランド
撮影:ティム・フレミング
美術:タマラ・コンボイ

 

名前の無い男女のラブストーリー

アイルランドの実力派バンド、ザ・フレイムスのグレン・ハンサードと、チェコ出身の新鋭シンガーソングライター、マルケタ・イルグロヴァが主演です。

2人が歌った主題歌“FALLING SLOWLY"は2008年のアカデミー賞歌曲賞を獲得し、サントラも全米ヒットチャート2位にランクインするなど、大絶賛されました。

そんな彼らは、名前もない男、と女を演じます。男の書いた曲を、セッション形式で女と、仲間たちと音楽を作り上げていく。音楽がかなり熱い。それ以上に、名前のない男女がそんな風にして音楽を作り上げていく様と、二人の匿名性溢れる関係構築がシンクロしているんです。この辺りが最大の見所。

 

芸術の匂い溢れる街:ダブリン

 ジェイムス・ジョイスが、故郷のアイルランド・ダブリンの人びとを描いた『ダブリナーズ』という作品もあります。

ダブリナーズ (新潮文庫)

ダブリナーズ (新潮文庫)

 

その他にも、この町で生まれたオスカー・ワイルド、ノーベル文学賞受賞者のサミュエル・ベケット、文学関連以外にもミュージシャンのU2やボブ・ゲルドフやマイ・ブラッディ・ヴァレンタインなどなど、芸術にとても縁がある街です。

 

 低予算(1,800万円)の映画で、実際にダブリンにある撮影関係者のアパートや街角を無許可(=そのままの姿)で撮影しているため、町並みを味わうのも良いです。

 

 あわせて読みたい

cass-9999.hatenablog.com

ONCE ダブリンの街角で [Blu-ray]

ONCE ダブリンの街角で [Blu-ray]

 

 

スポンサーリンク