読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きゃすのキラキラブログ

好きなもの/ことを布教するブログ ゲーム会社員が書いてる

魂売っても良い曲だらけ!Maroon5のオシャレ曲10選!

音楽
スポンサーリンク

グルーブ感あふれるバンドサウンドの初期からEDM偏重の後期まで

f:id:Cass_9999:20160517225641j:plain

1994年から4人組バンド「カーラズ・フラワーズ」(Kara's Flowers)として活動していたが、5人編成になった2001年からバンド名を「マルーン5」(Maroon5)と改名して活動開始。2002年(日本盤は2003年)リリースの、1stアルバム『ソングス・アバウト・ジェーン』(Songs About Jane)はロング・セラーとなり、『第47回グラミー賞』最優秀新人賞など数々の賞を受賞し、一躍有名になった。
2014年にイギリスでダウンロード専用チャート発足10年を記念して発表された「この10年で最もダウンロードされたシングル・トップ100」では、2011年にクリスティーナ・アギレラをフィーチャーしてリリースした「ムーブス・ライク・ジャガー」(Moves Like Jagger feat. Christina Aguilera)が第3位にランクインされている。
マルーン5 - Wikipedia

1stアルバム”Songs About Jane”の16分のノリでグルーブ溢れるアダムのヴォーカルで鮮烈デビューしたMaroon5!
最近はその面影がないくらい、ゴリゴリの打ち込みサウンド+ロック要素排除しまくりの恋愛ポップスでヒットを飛ばしています。ロック界からは『魂を売った』なんて批判もたくさんありましたが、なんてことはありません。ひがみみたいなもんです。
個人的には初期のバンドサウンドが大好物ですが、この記事では1作目から最新アルバムまでバランスよく選曲し、おすすめ曲ベスト10をランキング形式で紹介しています! 

目次

ランキング

選定にあたってのランキングポリシーと雑感を下記します↓

  • 独自ランキング
  • 1stはバンドの演奏力も高い名盤
  • 3rd以降はバンド感はなし。ポップ・R&Bだがアダム(Vo.)が良すぎ

 

それではランキングどうぞ!

10位 Sugar


Maroon 5 - Sugar (Official Music Video)

5thアルバム”V”収録。
結婚式をサプライズ風でまわるPVが楽しい一曲!
題名通り甘ったるいラブソングです。昔のバンド感あふれるサウンドはなくなってしまっても、ヴォーカルアダムのリズム感とポップセンスにあふれる歌がたまらない!

9位 Misery

Misery

Misery

  • マルーン5
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

3rdアルバム”Hands All Over”収録。
ティーン向けの安っぽい歌詞にスローな4つ打ちを組み合わせて、売れ線バンドが打ちこみサウンドで仕上げる、という、形だけ聞くと嫌悪感が出そうな曲。笑
けれど、リズムがたまらなく良いのはセンスの良さなんでしょうね。日本人には出せないのかしらこのノリは。

8位 Maps

Maps

Maps

  • マルーン5
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

5thアルバム”V”収録。
切ないメロにやられるポップなナンバー。
EDMサウンドに交って、弱々しく泣くように聞こえるエレキギターの旋律が雰囲気抜群。リズムは単調だけれども、低音が響いている上に高音が重なっていくサビはトリップ感満載。

7位 Payphone

Payphone (feat. Wiz Khalifa)

Payphone (feat. Wiz Khalifa)

  • マルーン5
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

4thアルバム”Overexposed”収録。
大ヒットシングル。もはや全くバンド感のないサウンド。Maroon5のライブとか行ったことないけれど、バンドサウンドじゃなくなって以降はどんな感じなんだろう、動画見る感じバンドでやってるみたいだけれども......
ドライブで、ビーチでみんなで騒いでるとこで流すのにオススメ!

6位 My Heart Is Open

My Heart Is Open (feat. Gwen Stefani)

My Heart Is Open (feat. Gwen Stefani)

  • マルーン5
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

5thアルバム”V”収録。
グウェン姐さんことGwen Stefaniをフィーチャーした一曲!
グウェン姐さんも、スカパンクバンド→ポップ・R&B路線に変更したということで、気が合うんでしょうかね。
ピアノが印象的に響いて、アダムと姐さんのハモリが気持ちいい名曲!

5位 Makes Me Wonder


Maroon 5 - Makes Me Wonder (VEVO Summer Sets)

2ndアルバム”It Won't be soon before long”収録
まだバンドサウンドが残っている頃ではありますが、鮮やかなシンセサウンドが空間を占めています。ギターのカッティングがお洒落に鳴ってるのがたまりません!
アダムのヴォーカルが更に開眼した一曲かも。大ヒットしました。

4位 Harder to Breathe

Harder To Breathe

Harder To Breathe

  • マルーン5
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

1stアルバム”Songs About Jane”収録。
16分のドラムが無茶苦茶気持ち良い一曲!ギターも歪んでるし、ギターソロとかもあったりして、まだロックしてたころ(短かったけど)のMaroon5の名曲です。
アダムのリズム感はこの頃から最高です。ノリが気持ち良すぎる。

3位 Moves Like Jagger


Maroon 5 - Moves Like Jagger (VEVO Carnival Cruise)

4thアルバム”Overexposed”収録。
アギレラ姐さん(Cristina Aguilera)とコラボした大ヒットシングル!EDMサウンドのダンスミュージックにギターのカッティングで味付け、というお得意スタイルに、最強の兵器アギレラ姐さんを迎えています。
動画ではいませんが、スタジオ版のクリスティーナ・アギレラのヴォーカル部分は圧巻。アダムの裏で叫んでる姐さんもすんごい素敵っす。無茶苦茶かっけー。。。

2位 This Love 

This Love

This Love

  • マルーン5
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

1stアルバム”Songs About Jane”収録!
このアルバムの16分のノリはたまりませんが、この曲も無茶苦茶気持ちいい。繰り返されるリフが病みつきになるんですよね。やっぱ1stは名盤過ぎ!
演奏してもむちゃくちゃ楽しいんです、これ。バンドでノリが一体になったときのトリップ感は無敵!

1位 Sunday Moring


Maroon 5 - Sunday Morning

1stアルバム”Songs About Jane”収録!
リズム隊が無茶苦茶良い仕事しているんですよね。さらっとコピーするぐらいなら誰でもできるけど、きっちりノリまでコピーして爽やかなハッピー感をお出そうとすると鬼ムズです。録音はスタジオミュージシャンじゃねって疑惑もありますが。笑
華やかなピアノとアダムの歌声、コーラスのお姉さんの囁きが気持ちいいのは全てベースとドラムのおかげ!こういう曲がまた聞きたいぜMaroon5またバンドで良い曲作って!

おわりに

Maroon5のおすすめ曲ベスト10ランキングを紹介しました!
初期のバンドサウンドを捨てて、EDM偏重のポップ路線に走った時は、『売れるために魂を売った』なんて言われましたが、ヴォーカルアダムもポップセンス・リズムセンスは色あせることなく輝きを増していってます。
私はバンドサウンドの1stが超お勧めですが、パーティー気分であがる後期の曲もモテソングとしてどうぞ!

 

 

あわせて読みたい

www.quercuswell.com

www.quercuswell.com