きゃすのキラキラブログ

好きなもの/ことを布教するブログ ゲーム会社員が書いてる

ハナレグミおすすめ曲ランキングベスト10【歌唱力・表現力の頂へ】

スポンサーリンク

 SUPER BUTTER DOG永積タカシのソロプロジェクト!

自由の森学園高等学校卒業後、専門学校東京ミュージック&メディアアーツ尚美卒業。高校2年の頃よりアコースティック・ギターで弾き語りをはじめる。
永積はohanaのメンバーとしても活動。また東京スカパラダイスオーケストラのゲストボーカルを務めるなど、他のアーティストとのコラボレーションも数多い。テレビCMのナレーションも多く手がけている。
イギリスのロックバンドのLushのミキ・ベレーニとはいとこであり、ミキは小山田圭吾ともはとこであることから永積と小山田もまた親戚にあたる。
ハナレグミ - Wikipedia

SUPER BUTTER DOG時代のファンキーで馬鹿っぽさはどこへやら、アコースティックで”大人”っぽいバラードを歌いまくるハナレグミ(永積タカシ)。
歌の上手さ、抜きん出てます。何気ない日常を描いてたりすることが多いんだけれども、感情に訴えかける歌詞も良いんですよね。何より自由を愛するゆるい姿勢みたいなのがホント憧れっす。
最近はスカやロックステディっぽいサウンドも取り入れたり、他のミュージシャンとのコラボや楽曲提供も受けて更に進化しそう!あと、レキシでSUPER BUTTER DOG時代からの盟友池ちゃんともコラボしまくってますので、レキシのライブ行くとまぁ会える会える。彼らの関係はゆるくていいですよほんと笑 
この記事ではハナレグミのおすすめ曲ベスト10をランキング形式で紹介します!

目次

ランキング

選定にあたってのランキングポリシーと雑感を下記↓

  • 独自ランキング
  • 歌唱力半端ない、、、
  • バタードッグのファンキー路線ではなく、アコースティックバラードが主戦場
  • だけどスカやロックステディ、ジャマイカンな曲などもあって多彩

 

それではランキングどうぞ!

10位 明日天気になれ


ハナレグミ 明日天気になれ

1stアルバム”音タイム”収録。
アコギにブラシのドラムがカントリーチックに響き、のどかな雰囲気が満載です。コーラスも含めて、ハナレグミの温かい声が響いてほっこりします。
1stアルバムはこういうテイストの曲が多くて温かいので大人の休日にピッタリ!

9位 ハンキーパンキー

ハンキーパンキー

ハンキーパンキー

  • ハナレグミ
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

2ndアルバム”日々のあわ”収録。
ギター一本でここまでできるのかって思わせられるアーティストって、数少ないと思うんですが、間違いなくハナレグミは想像を超えるパフォーマンスができます。
ハナレグミのライブは、レキシ池ちゃんと比べると笑い要素は少ないんですが、心温まる要素は余裕勝ちでしょう。”ハンキーパンキー”は歌うたい永積タカシの本気が見れます。

8位 うららかSUN

うららかSUN

うららかSUN

  • ハナレグミ
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

2ndアルバム”日々のあわ”収録。
イントロのハナレグミの歌が、すごい気持ちよさそうなんですよねぇ。カントリー調で歌うことを楽しんでるのが伝わってきます。
アコギの響き、ベース、ドラム、全て楽しんでいるアンサンブル。音楽の喜びが詰まった一曲です!

7位 明日へゆけ

明日へゆけ

明日へゆけ

  • ハナレグミ
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

3rdアルバム”帰ってから、歌いたくなってもいいようにと思ったのだ。”収録。
”窓辺にもたれ 僕を太陽に 透かせば
胸の痛みが オレンヂににじんだ”
出だしから持ってかれますよね?ハナレグミの良さに、息遣いがあると思うんです。この曲は特にその特徴があって、温かくぬくもりがある、まるでそばで歌っているような息遣いを感じられる一曲です。

6位 オアシス

オアシス

オアシス

  • ハナレグミ
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

5thアルバム”オアシス”収録。
永積タカシのプライベートスタジオでほとんどが収録されたという今作。アットホームで幸せな空気感が溢れ出しているんですが、ハッピー感という意味ではこの曲は極めて楽しさに溢れています。
MVでは、錚々たる面子が集まってプライベートパーティしつつ、セッションする、みたいな様子があるんですが、めっちゃ良いんです。こんなのしてぇって感じ!

5位 深呼吸


ハナレグミ – 深呼吸 【Music Video Short ver.】

5thシングル。
是枝監督『海よりもまだ深く』主題歌なんですが、是枝監督もハナレグミがとても好きなようで、この曲を初めて聞いた時、身体が震えるほど感動したそうです。
”夢見た未来ってどんなだっけな?” このフレーズたまりません。
サマソニ2016で夜のステージで、上原ひろみと熊谷和徳と一緒にアンコールで披露したらしく、無茶苦茶良かったらしい......見たかった!!!

4位 光と影

光と影

光と影

  • ハナレグミ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

4thアルバム”あいのわ”収録。
”だれでもない どこにもないぜ”
『ぜ』がかっこよすぎるんです。この一音だけですごい表現力。自由に音楽の世界を旅するハナレグミの心意気が全て詰まっている気がするんですよね。
歌詞は意外とハナレグミらしくない泥臭いラブソングなんですが、ロマンチックなメロディラインが胸を打ちます。熱いぜ。。。

3位 大安


LIVE SUPER BUTTER DOG 大安

4thアルバム”あいのわ”収録。
SUPER BUTTER DOG時代に作られていて、ファンからは相当人気のあった曲。ハナレグミで初めてスタジオver.で音源化しました。SUPER BUTTER DOGver.は池ちゃんのキーボが最高に気持ち良いノリノリなナンバーであれも良かったんですよねぇ。
Bメロの不安定さがむちゃくちゃ美しくって最高なのに、そこからのサビが更に絶頂を迎える出来で、もう、ほぼイキかけます状態。

2位 おあいこ


ハナレグミ - おあいこ 【MUSIC VIDEO】

6thアルバム”What are you looking for”収録。
6thアルバムは、他の作詞家、作曲家からたくさん曲をもらっています。真心ブラザーズYO-KING、元キリンジ堀込泰行、レキシ池ちゃん、キセル辻村豪文、大宮エリー。4th”あいのわ”、5th”オアシス”で全てソロでできることはやりきった、という永積タカシの次の方向性ですね。
コラボアーティストの中では一番RADWINPSには興味がなかったんですが、RAD低曲曲の”おあいこ”、が以外と良いんです。ヴォーカルが違うとこうも聞こえ方が違うのかと。表現力が段違いにハナレグミの方が良いです。バンドサウンドは嫌ですが、ハナレグミアレンジだととても良い。
ちなみに、MVには清水富美加が出演していて、作詞作曲がRADWINPS野田洋次郎っていう、2016年後半~2017年前半に発表されていたならば話題性抜群だったはず。笑

1位 家族の風景

家族の風景

家族の風景

  • ハナレグミ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

1stアルバム”音タイム”収録。エンドレスリピートの最強曲。
ハナレグミと言えば家族の風景。家族の風景と言えばハナレグミ。
生活を切り取っているだけの歌なんですが、視線がめちゃくちゃ温かいのです。歌詞の力、歌声の力、両輪がうまく回って感動を生んでいます。
スルメ曲とは言いますが、これはいつまで経っても味がする最高のスルメ曲です!

おわりに

ハナレグミのおすすめ曲ベスト10をランキング形式で紹介しました!
もともとSUPER BUTTER DOG時代から永積タカシは一人で観客の空気を変える力持ってましたが(サヨナラCOLORとかすごかったですよね)、ハナレグミでソロとしても期待通りの大活躍ですねぇ。
歌唱力も憧れレベルでありますし、なんといっても間だとかニュアンスだとか、表現力に心を持ってかれる人多数。アレンジも楽しいですが、あくまでハナレグミの、歌、ありき。歌声だけで勝負できる稀有な才能は全ての音楽ファン必聴!!!

 

あわせて読みたい

www.quercuswell.com

www.quercuswell.com

www.quercuswell.com