読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きゃすのキラキラブログ

好きなもの/ことを布教するブログ ゲーム会社員が書いてる

えっそれだけ?起業に必要な金額は一万円!/『一万円起業』クリス・ギレボー/本田直之

スポンサーリンク

はじめに:片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法

「最初に断言しておきます。この本に書いてある方法を知って置かなければ、あなたはとてつもない損をします」

『一万円起業』本文より

挑発的な文章とともに本書は始まります。そう、まるでマルチ教材や情報商材の煽り文句のように。

実体はどうでしょうか。

  • 初期資金が1万~10万円のビジネス
  • 年間収益500万円以上のビジネス
  • 資格、特別な技能なしビジネス
  • ごく少数で始めたビジネス

これらを全てを兼ね備えた事例だけを紹介しており、そこから見える成功の鍵を分析する、という内容です。起業家を応援する内容は評価しつつも、巻末にあるリンクは自分のビジネスと結びつけていて、「あぁ、そういうことか」という内容ではあります。

ただし、モチベーションを上げるのには使えるかも!というのも、基本的に成功ばかり書いてある本だから、成功者になった自分を思い描くイメトレには良いです。失敗については薄い内容しか書いていないことには注意が必要ですが、アイデアが溢れているので、ブレストのお供にはもってこい!小規模ビジネス=マイクロビジネスで起業検討の方は要チェック!

f:id:Cass_9999:20160407230218j:plain

1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法

1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法

 

 

目次

 

シングルマザーもシニアも主婦も、そしてサラリーマンも

 マイクロビジネスは昔からあるビジネス形態で、小さく始めて大きく育てるのが基本です。必要なものは、たった3つだけ!

  1. 売るもの、またはサービス
  2. 顧客
  3. 支払いを受ける手段

集客して、提供して、お金をもらう。以上!

インエターネットの発達で、顧客との接点(集客)が格段に簡単になり、支払いを受ける手段も多種多様化したことが、マイクロビジネスを始めるのを格段に簡単にしました。週末だけでも、夜だけでも、少しの空いた時間だけで始められます。

 

踊る成功事例の数々

  • マイレージの利用法を教えるだけで年収750万円
  • 音楽教室のスケジューリングをするだけで年収3,000万円
  • 簡単なブライダルアクセサリーづくりで年収500万円
  • 結婚式専門の写真家が年収900万円
  • 1200万円稼いだ電子辞書
  • エクセルを教えて年収2,000万円

これらが全て初期投資1~10万円のビジネスであることを信じられますか?本書では成功の秘訣として、下記のような魔法の公式を紹介しています。

情熱やスキル+有用性=成功

でも私的にはこれは違うと思います。下記が正解ではないでしょうか。

情熱やスキル×有用性=成功


何が言いたいかというと、いくらそれが得意で、能力があっても好きなことをただやるだけではいけない。そこには顧客のneedsがなければならない。

反対に、いくらneedsがあっても、スキルや情熱がなければ対価を得られることができない。

そういう意味で言うと、成功事例の数々は両方を備えたものばかりです。それぞれにお金を稼ぐモデルがあって、ポリシーがある。色んな成功者の戦略があって、それぞれが正解で、ビジネスの成功に公式はないんだなと実感しました(えっ)

 

参考になった戦略

ビジネスプランはA4一枚に

考えすぎずに足踏みせずに踏み込もう!ということで、簡単な問いからビジネスプランを立てることを推奨していました。問いのテンプレート、売り込みのテンプレートがシンプルで参考になります。スピード感ってやっぱ大事。小さく素早くたくさん始めて数撃ちゃ当たる的な。テンプレートは本書を買ってみて下さい。

断れないオファーの作り方

  •  顧客の直接的ベネフィットに結びつける
  • オファーに対する反論を予めよく考えて、対策をする
  • よくある質問を活用する

言われると当たり前のことばかりですが、こう言ったことが網羅的に書かれているので、端的に便利です。

 

その他、アップセル、ダウンセル、クロスセルの有効な打ち出し方、ツイーク(微調整)での稼ぎ方、価格改定の考え方、フランチャイズのさせ方にアフィリエイト基本など、マーケティングの基礎的知識も書いてあります。

マイクロビジネスを裸一貫で始める人にとっては教科書的な内容とも言えるのではないでしょうか。

 おわりに

成功者の事例を紹介して、こうやればいいんです!って言われてもそれができないから困るんだよ、というのが、この手の本のありがちなパターンです。この本も実際にそういう側面はあります。

 

ただ、この本に書いてあることはそのままみにせず、アイデアの種がたくさんあるもの、と捉えてみるのはどうでしょう。誰にでもお金になる経験やスキルはあるということがわかると思います。スキルをお金にするアイデアはたくさん乗っているので、その上で自分に何ができるか、というのを考えれば、何か新しいものが生まれるような気がします。

あわせて読みたい

cass-9999.hatenablog.com

cass-9999.hatenablog.com

1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法

1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法

 

 

マンガでわかる1万円起業

マンガでわかる1万円起業