読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きゃすのキラキラブログ

好きなもの/ことを布教するブログ ゲーム会社員が書いてる

くるりおすすめ15曲ランキング!【膨大な音楽的ルーツをオリジナルに昇華する天賦の才】

スポンサーリンク

 メンバーもルーツの音楽も多種多様なくるりの略歴

f:id:Cass_9999:20160520221803j:plain

立命館大学の音楽サークル「ロックコミューン」出身で同級生だった岸田繁(1999年前期、産業社会学部卒)、佐藤征史(1999年法学部卒)、森信行(1999年産業社会学部卒)の三人で結成された。バンド名の由来は結成当時の京都市営地下鉄の案内板の矢印が「くるり」となっていたことから。

○現メンバー○
岸田繁(きしだ しげる)
ボーカル、ギター。京都府京都市北区出身。立命館大学産業社会学部卒業。血液型:O。オリジナルメンバー。

佐藤征史(さとう まさし)
ベース、コーラス、ボーカル。京都府亀岡市出身。立命館大学法学部卒業。血液型:O。オリジナルメンバー。

ファンファン

トランペット、コーラス、ボーカル、キーボード。京都府舞鶴市出身。血液型:O。同志社女子大学卒業。2011年加入。

●これまで在籍していたメンバー●
森信行 ドラム。兵庫県猪名川町出身。立命館大学産業社会学部卒業。血液型:B。1996年 - 2002年在籍。オリジナルメンバー。
大村達身 ギター、ベース。
クリストファー・マグワイア ドラム
田中佑司 ドラム、パーカッション
吉田省念 ギター、コーラス、ボーカル、チェロ
くるり - Wikipedia

くるりってどんなバンド?
そう聞かれて正しく応えられる人はこの世にいるのでしょうか?くるり自身でさえもわからなくなってしまっているのではというくらい、移りゆくバンドです。
フロントマンでバンドの顔となる岸田繁の音楽的知識が多岐にわたっているんです。
すぎやまこういちフリークだし、モーツァルトはポップミュージックとして消化しているし、エレクトロニカからハードロック、ジャズまで無茶苦茶な知識があるんです。
それをくるり流に消化してどんどん新しいことをやってくるからもう理解が追いつかない。笑 そして、オリジナルメンバーの佐藤社長もこれまた相当な音楽フリーク。笑

色んなものを取り入れて、色んな人と演奏しています。
フルカワミキ、土岐麻子、あらきゆうこ、ボボ、山内総一朗、ユーミン、クリフ・アーモンド、ウィーン交響楽団、奥田民生、レイハラカミに矢野顕子......etc 恐らく挙げきれないほどの交流があります。すごい繋がり。
(まぁその割に岸田繁は偏屈で気難しいクリエイター気質なので、バンドメンバーもコロコロ変わるんですけどね。笑)

この記事では、そんな幅広い音楽性を持つくるりのおすすめ15曲をランキング形式で紹介します!

目次

ランキング

選定にあたってのランキングポリシーと雑感を下記↓

  • 独自ランキング
  • 岸田と佐藤社長の膨大な音楽の引出しが味わえる
  • 様々なアルバムから幅広くチョイス
  • ライブもいいけど、意外とレコーディング版の方が好きなことも多い

 

それではランキングどうぞ!

15位 春風

ベスト オブ くるり / TOWER OF MUSIC LOVER収録。(オリジナルアルバムへの収録はなし)くるりの直球曲。

岸田繁は引き出しが無茶苦茶多くて曲にめちゃくちゃ色んな装飾を与えることができるんですよね。エレクトリニカ、オーケストラ、ローファイロックにラップ......etc
でも源流は日本語の美しいロック調の曲なはず。はっぴぃえんどとかに通じるものがあるんです。

14位 falling

10thアルバム『坩堝の電圧』収録。

アルバム『坩堝の電圧』の中では埋もれがちなんだけど、じわじわ来る一曲です。カッティングを一生聞いておける一曲。

13位 続きのない夢の中

インディーズ時代のアルバム『ファンデリア』収録。

初期くるりのイメージを濃厚に表した一曲です。暗くてゆる~く気だるい展開なんですが、アウトロがやたらと熱いんですよね。感情が爆発していくイメージがとても感受性を刺激します。
おかしなコード進行を研究する変態たちの遊び。

12位 言葉はさんかく こころは四角

7thアルバム『ワルツを踊れ Tanz Walzer』収録。

歌詞が色んな意味を持っていて素敵な一曲です。

”言葉は三角で 心は四角だな
まあるい涙をそっと拭いてくれ”

あなたはどう感じますか?メロディが加わると、更にイメージが膨らむので、ぜひ聞いてみてください。

11位 虹

1stアルバム『さよならストレンジャー』収録。

三拍子で寂しい旋律が郷愁を誘います。地方から都市に出てきた人はすべからく泣きそうになってしまうのでは。コーラスがまた良いんですよね。初期の名曲です。

10位 シャツを洗えば

8thアルバム『言葉にならない、笑顔を見せてくれよ』収録。
くるりとユーミン名義でシングルで発売もされました。A4雑誌の異様なサイズ感を覚えている人も多いはず。
何と言っても岸田繁とユーミンのハモリが聞けるのが最大の魅力!
ユーミンの七色の声最高。

9位 GO BACK TO CHINA

超名盤4thアルバム『THE WORLD IS MINE』収録。

クリストファー・マグワイヤがこの曲を聞いてくるりへの加入を希望したという逸話もある一曲です。
くるりは不思議な曲を生み出し続けていますが、この曲もそのうちのひとつ。何とも言えない浮遊感がたまりません。韻を踏みつつイメージを想起させる歌詞が最高。百鬼夜行とか叫んでたなぁ。

8位 ばらの花

3rdアルバム『TEAM ROCK』収録で、初期の代表曲のうちのひとつ!
キラキラした電子音と、メロディラインが切なすぎます。
歌詞は臆病な恋人を描いたのかな?岸田繁は相当な変人で気難しい人だと思いますが、こういうセンチメンタルな部分があるから憎めないんですよね笑

7位 街

世間に衝撃を与えた2ndアルバム『図鑑』収録。
オルタナ色の強いアルバムの中でもひときわキレッキレの曲。図鑑の『窓』か『街』のどちらをランクインさせようか悩みましたが、やっぱり街かな。窓も超名曲ですが、街の方が尖ってます。勝負にいってる感じ。
重なるヴォーカルが都会の不穏さを感じさせてぞっとしちゃいます。

6位 琥珀色の街、上海蟹の朝

20年記念シングル!

20年目にして黒いノリを入れてきた!ソウルなR&B、そしてラップ。笑
驚くとともに、曲聴く前なら、”意外!だけどまぁくるりならやってのけるだろうな”という感想。けど、聞いてください、鬼のように無茶苦茶かっこいいです。2泊4拍のクラップ&スネアのビートが懐かしく気持ち良いだけじゃなく、野崎康弘の鍵盤が無茶苦茶効果的!UCARY & THE VALENTINEのヴォーカルも最高!
歌詞はわかりあえないあなたと上海蟹食べたい、っていう示唆に富んだ内容ですが、穏やかな割に曲は都会的でエンドレスリピートできる一曲!超オススメ!

5位 glory days

10thアルバム『坩堝の電圧』収録。
タイトル・発売時期、どうしても震災と結び付けないわけにはいかないアルバムを締めくくる曲。曲中にも『福島』、『関電』、『東電』などのワードが出てきます。
サウンドは過去の霞がかった記憶の中を反芻するようにビートが繰り返されるんですよね。それだけ聞いても無茶苦茶感傷的になるのに、なんと過去の名曲のフレーズが引用されるという展開。
”安心な僕らは旅に出ようぜ 思い切り泣いたり笑ったりしようぜ(ばらの花)
裸足のままでゆく 何も見えなくなる(ロックンロール)
君がいないこと 君と上手く話せないこと(東京)”
glory daysってなんだったんだろう。暗い気持ちになるんだけれど、過去の名曲が思い出されるように浮かんでは消えていって、これからの未来もそんな風に続いていくんだろうなと、少しだけ前向きになれるはず。というか、そんな気持ちになれればいいな。

4位 さよならリグレット

8thアルバム『魂のゆくえ』収録。

ピアノの美しい音色と土岐麻子のコーラスが美しくい一曲。ハモリが気持ち良すぎです。佐藤社長とのハモリも良いんだけど、この曲は何と言っても土岐麻子が格別です。シンプルな構成なだけに、歌声が沁みます。
恐らく岸田繁的にはスランプかつ色んな悩みを抱えていた暗い時期だったと思われますが、個人的には大好きなシングルです。

3位 東京

1stアルバム『さよならストレンジャー』収録。また、インディーズ時代からある曲で、1stシングルにしてくるりの代表曲!

説明不要の名曲。よそ者の寄せ集めの街『東京』に来るとき、来た時の心情って覚えていますか?確かに『誰か』だったあの頃と比べて『誰でもない』状態になるんですよね。そんな不安をそっと包んでくれるような曲です。

2位 ハイウェイ

『ジョゼと虎と魚たち』サウンドトラック収録。映画も良いんですよねほんと。
8ビートのリズム隊に、カントリーかよっていうようなアコースティックギターがどこまでもドライブさせてくれるんですよね。
”僕が旅に出る理由は だいたい100個くらいあって”
から始まる歌詞が超良いのでじっくり聞いてください。

1位 ワールズエンド・スーパーノヴァ

超名盤4thアルバム『THE WORLD IS MINE』収録。
個人的に『THE WORLD IS MINE』がくるりのベストオリジナルアルバムなんですが、その中でもこの曲はおすすめ。学生時代、一晩中ずっとリピートしてたことありました。中毒性が鬼のようにある一曲なんでです。打ちこみサウンドが無茶苦茶クールで良いんです。
けど、本当にかっこいいのはライブ。ベストアクトはあらきゆうこのドラムverかな。最高にクール。音源として聞ける『NOW AND THEN』のDISCvol.2 に入っているverも最高。

おわりに

くるりのおすすめ15曲をランキング形式で紹介しました!
岸田繁と佐藤社長、どんだけ音楽聞いてるんだよってくらいの音楽フリークで、引き出しがむちゃくちゃ多いんですよね。その引き出しの中から様々な要素を取ってきてオリジナルにして、しかも売れちゃう才能は唯一無二かも。
いつ聞いても古びない音楽は、大切にしたいものです。

 

 

 

あわせて読みたい

www.quercuswell.com

www.quercuswell.com

www.quercuswell.com