読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きゃすのキラキラブログ

好きなもの/ことを布教するブログ ゲーム会社員が書いてる

自堕落な自分を笑いたい時に!おすすめ映画『テッド』

映画/ドラマ/アニメ
スポンサーリンク

はじめに:のんびりほっこり系の映画でも観るか、と思ったら大間違い

CMでも確かに少し過激なところは流していましたが、言っても、言ってもほっこり系だろうと思っていたんです。

何せ(ちょっとだらしないとはいえ)テディベアがメインキャラクターなのですから。

結果、完全に騙されました。超ド級に尖った変な映画でした(褒めてる)。

テッド [DVD]

テッド [DVD]

 
スポンサーリンク

目次

あらすじ 

1985年のボストン郊外。ジョン・ベネット少年はテディベアのテッドをかわいがり、命が宿るように祈るとそれが叶うのであった。以後、命を吹き込まれたテッドとジョンの2人は親友となりともに暮らし成長し、27年後の2012年になっても一緒に暮らしていた。

かつて「生きているぬいぐるみ」としてマスコミに取り上げられ、国民的キャラクターとして一世を風靡したテッドも、年と共に中年になり、今や落ちぶれ、酒と女とマリファナ漬けの日々を送っていた。一方、35歳になったジョンはレンタカー屋の従業員になり、支店長昇進の話が出るも仕事に身が入らず。休日にはテッドと共にマリファナを回し飲みし、子供の頃のように『フラッシュ・ゴードン』のビデオを見ては一日中ダラダラと過ごしていた。しかも、雷が鳴るといまだにテッドが一緒じゃないと眠れない、いつまでたってもガキのままであった。同棲している恋人のローリーとは交際4年になるのに、いまだに結婚する決意もできない。いつまでもジョンが大人になれないのは、テッドも一緒に暮らしているからだと考えるようになっていた。

交際4年目の記念日の晩、2人が食事を終えて帰ると、何人もの売春婦を呼んで乱痴気騒ぎをしているテッドに、ついにロリーの怒りが爆発した。ロリーに促され、ジョンはテッドに家を出るよう提案する。こうして2人は初めて離れ離れの大人の生活を始める。

テッド (映画) - Wikipedia

 

いきすぎた悪ふざけ満載

そもそもキャラものの映画で、マリファナや売春婦、どぎつい下ネタ連発、普通では考えられません。家族で観るのは絶対やめて下さい。笑

セス・マクファーレン監督は『ファミリー・ガイ』でもかなり際どい表現をしまくっています。

『ファミリー・ガイ』は、アメリカの古き好き家族賛歌に見せかけて、『シンプソンズ』ばりの社会風刺を入れまくっていて、黒人が黒人差別の自虐ネタをしたり、障害者イジリ、セックス中毒者が女子高生をたぶらかしたり、などなど日本だと際どすぎる表現も満載です。

 

そんな『ファミリー・ガイ』が好きな人は確実に『テッド』も好きでしょう!無理な人はやめておいたほうが良いです。いますよね、日本でも『クレヨンしんちゃん』観れない人。

f:id:Cass_9999:20160422224714j:plain

ストーリー?なにそれ?

ストーリーは期待しないでください。

  • 何でこんな奴にこんないい女が
  • そもそもの設定(喋るおっさんテディベア)からして入り込めない
  • 男性目線すぎ

など、見る人が見ると嫌われる要素がたくさんです。本気で見てしまうと死ぬほど批判点はあると思います。


 ただ、監督のセス・マクファーレン含む、複数の脚本家陣で臨んでいて、相当笑いながら、楽しんで作ったんだろうな、というのが伝わってきます。すぎた悪ふざけが映画になっちゃった、っていう感じ。期待しなければ良いことがあるかも!

 

男の都合の良さが鼻につくところもあるかもしれませんが、基本的には女性が見ても盛り上がれると思います。ダメな自分や弱い自分、リアルな世界は、本当は自堕落な面を多く含んだ世界です。シリアスすぎる毎日に疲れた時は、バカなフィクションで笑いましょう。

 

 あわせて読みたい

cass-9999.hatenablog.com

cass-9999.hatenablog.com

テッド [DVD]

テッド [DVD]

 
スポンサーリンク