読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きゃすのキラキラブログ

好きなもの/ことを布教するブログ ゲーム会社員が書いてる

内田春菊おすすめマンガ&小説ランキングベスト5!【壮絶な実体験からくる猛烈な毒とユーモア】

小説 マンガ
スポンサーリンク

 衝撃の生い立ちと高い芸術的・文学的評価

長崎県長崎市出身。小学生の時に漫画家を志すが、実母と養父から漫画を描く事を禁じられ、隠れて豆本漫画を描いていた。中学時代に同級生の子を身籠ったことをきっかけに、養父から性的虐待を日常的に受けたため家出。
その後、印刷会社の写植やバーのホステス、喫茶店のウェイトレスなどを経て、ペンネームの名付け親でもある編集者・プロデューサーの秋山道男に出会い見出される。その後、彼女の個性を認めたいしかわじゅんの紹介もあって、1984年、双葉社発行の『小説推理』に掲載された『シーラカンスぶれいん』で漫画家としてデビュー。
性的な事柄をストレートに描き、岡崎京子、桜沢エリカらと共に「女の子エッチ漫画家」として人気を呼ぶ。また、エッセイ、漫画エッセイ等も執筆し、社会一般の価値観への異議を唱える内容が人気を博す。
1986年から1987年にかけて『ガロ』誌上に連載した『南くんの恋人』は、これまでに4回テレビドラマ化されている。
1993年に発表した初めての小説『ファザーファッカー』はベストセラーとなり、第110回直木賞の候補作となった(1995年に映画化)。翌1994年には『私たちは繁殖している』・『ファザーファッカー』両作合わせて第4回Bunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞。また『キオミ』で第112回芥川賞候補。
内田春菊 - Wikipedia

現在よりもまだ全然性についてオープンでなかった時代から、自らの壮絶な実体験を半ば公表するような形で創作を発表していった内田春菊。
その小説からは人間の歪んだ部分やダークサイドが浮かび上げられています。読むのが辛くなるほど、毒がすごいです。小説に毒を求める人には超おすすめ!
翻ってマンガ作品は、破天荒な作者自身の生活が描かれる痛快エッセーコミックから、切なさを呼ぶ恋愛モノ、エッチ漫画家として評価の高い作品群と、様々な作品を発表しています。
毒のある小説と、笑えて泣けるポップなコミック、まとめて5作品ランキング形式で紹介します! 

目次

ランキング

ランキングポリシーと所感を下記↓

  • 独自ランキング
  • 壮絶な実体験を創作に結びつける作家
  • 読み手を選ぶが、毒は満点

 

それではランキングどうぞ!

5位 あたしのこと憶えてる?

 

壊れかけた家庭のために毎週一本バラを買う私に、花屋のあるおは同じ話ばかりする。繰り返しに苛立ち、私は彼と抱き合ってしまう。その瞬間は確かなのに、翌日になると、あるおは私を覚えていない……
ものを覚えられない青年への愛を描く表題作ほか、男女の性と対話を見つめた九篇。
https://www.amazon.co.jp/dp/B00AQY8FHK

短編小説集。
内田春菊は自分の体験を削り取って小説という形にする書き手というイメージがあると思います。特に小説は命を燃やしているなーって感じ。ところがこの小説は、非常に詩的なセンスで書かれているものもあったりして新鮮です。
人間の心の闇を覗きたい時にオススメ。切なく、温かなあきらめのような感覚が味わえます。

4位 南くんの恋人

 

高校生の南くんとちよみが繰り広げる、少し甘く、ちょっぴり切ないラブ・ストーリー。漫画史上燦然と輝き続ける青春恋愛ドラマ
https://www.amazon.co.jp/dp/4167267063

名作漫画。
何回もドラマ化された、内田春菊の代表作のひとつ。ほのぼのした空気だけ味わうもよし、読み込んで深層心理を探り出すのもよし、何度も楽しめる作品です。
ただし、絵はかなり適当(?)なので現代の上手な漫画を読んでいる読者からすると、見てられないかも。笑

3位 キオミ

 

「堕ろすって言ったのよ」「何でそんなこと言うんだよ」「あそこから出てくるの嫌なんでしょ。ゲロ吐きそうだって言ったじゃん」妊婦に冷たい夫は女と旅行に行き、妻は下着をつけかえて夫の後輩を家に呼ぶ。若い男女のリアルな日常をためらいなく描き芥川賞候補となった表題作ほか、過激な性愛の底に流れる心のせつなさと揺れる男女の愛を描いた作品集。「あたしの欲しいもの」「勃たなかった男」「シタダシレッテル」「バージン」「スローロリス螺旋」「夜の足音」「キオミ」収録。
https://www.amazon.co.jp/dp/B00EAEYDN2

内田春菊初期の名作小説。
壮絶な実体験をもとにしているためか、えぐい人間(関係)がかなり出てきます。 歪んだ人間の心理が味わえます。つらい時期には読んでられないかも。

2位 私たちは繁殖している

子育て本の革命的スペシャリスト・内田春菊が贈る、愉快痛快のコミックエッセイ!  出産から子育てまで、とことん追求!  参考書には書いてない、細かな実態を笑いと共にお届け!
https://www.amazon.co.jp/dp/B01J6ZT88E

妊娠・出産・そして育児・子育てに至るまでの内田春菊の随分変わった生活の実態を届けるエッセイコミック。いわば”変人”なので、賛否両論あります。性についてもいつも通りさらけ出していますし、エンタメ的にはおもしろいです。
この人のようになりたいと思う人は少ないかもしれませんが、パワフルさや破天荒さから、元気や勇気はもらえるはず。

1位 ファザーファッカー

 

十五歳のとき、私は娼婦だった。売春宿のおかみさんは私の実の母であり、ただ一人のお客は彼女の情夫で、私の育ての父だった……
https://www.amazon.co.jp/dp/4167267047

家庭内性暴力の実体験を元に書かれた小説。直木賞候補。
当時は、こんな壮絶な体験をよく書けるな、という声多数だったそうな。小説という形に昇華してくれて、助けられた人がたくさんいたのではないでしょうか。
ものすごい毒が味わえます。注意して読んでみてください。

おわりに

内田春菊のおすすめ小説&マンガ5作をランキング形式で紹介しました!
自らの実体験を切り取って創作する、まさに命を削る書き手です。破天荒で壮絶な生きざまを是非体験してみてください。

あわせて読みたい

www.quercuswell.com

www.quercuswell.com

www.quercuswell.com