読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きゃすのキラキラブログ

好きなもの/ことを布教するブログ ゲーム会社員が書いてる

両親がレズビアンの家庭を精子提供者がかき乱す映画!?『キッズ・オールライト』

スポンサーリンク

はじめに:どこにでもある家族の風景

裕福な家庭で暮らす、愛し合う両親と、子供たち。平凡だけど幸せな毎日。

これでは映画になりませんが、ひとつだけ目を引く事実があります。両親が両方ママなのです。両親がレズビアンのカップルなのです。この映画の肝であり、そこから話が展開していきます。

 

監督は、自らがレズビアンであり、ドナーからの精子提供を受けて子供を出産していることを公表しているリサ・チョロデンコ監督です。

キッズ・オールライト オリジナルバージョン [DVD]

キッズ・オールライト オリジナルバージョン [DVD]

 

 

スポンサーリンク

 

 

目次

 

あらすじ&作品概要

 ニック(アネット・ベニング)とジュールス(ジュリアン・ムーア)は、長年付き合っている(女性同士の)カップル。同じ精子提供者を受けてそれぞれが産んだ子供、ジョニ(ミア・ワシコウスカ)とレイザー(ジョシュ・ハッチャーソン)の4人で暮らしている。

ママ二人と姉弟という少しいびつな家族だが、仲良く、楽しく愛情に満ちた生活を送っている。しかし、18歳になり、大学進学のための1人暮らしを控えたジョニと15歳のレイザーは、まだ会ったことのない自分たちの医学上の父親・ポール(マーク・ラファロ)に興味を持ち、こっそり会いに行くことに。オーガニックレストランを経営し、気ままな独身生活をするポールに親しみを感じた二人。しかし、親二人にもポールのことがばれたことから家族に少し異変が起きはじめる・・・。

 

監督・脚本:リサ・チョロデンコ(『しあわせの法則』
脚本:スチュワート・ブルムバーグ
出演:アネット・ベニング(『アメリカン・ビューティー』、ジュリアン・ムーア(『めぐりあう時間たち』『マグノリア』)、マーク・ラファロ(『ゾディアック』『シャッター・アイランド』)、ミア・ワシコウスカ(『アリス・イン・ワンダーランド』)、ジョシュ・ハッチャーソン(『ダレンシャン』)

Amazon.co.jp | キッズ・オールライト オリジナルバージョン [DVD] DVD・ブルーレイ - アネット・ベニング, ジュリアン・ムーア, マーク・ラファロ, ミア・ワシコウスカ, リサ・チョロデンコ

 

 

精子提供者の父親がかき乱す

レズビアンの両親は、ともに同じ精子提供者を受けて子供を設けているのですが、この精子提供者がアクセントです。

 

最初はかなり良い雰囲気を醸し出してます。自由で、堅苦しくない教養があって、気さくなおじさん(お兄さん?)といった雰囲気です。もちろん意図的に良い雰囲気にしているんですが。

良い人がかき乱す、ストーリーを進めるようなプロットになっている映画なので、やはり心情の動きが繊細かつ深くなります。

 

結末は考えさせられる

完璧な終わり方など存在しない、万人が納得できる終わりなんて存在しれない、映画とはそういうものかもしれません。


この映画についても賛否両論ありそうです。監督自身がレズビアンということで、ある程度自分の思想や意思が反映されていると思いますが、そういうことを考えながら見るととても興味深い終盤になっています。

 

私は男性のゲイの友達しか知らないこともあり、本当のところはわからないのですが、ビアンカップルの、責任感の大きい側、小さい側の描き分けが素晴らしいと思います。

キッズ・オールライト オリジナルバージョン [DVD]

キッズ・オールライト オリジナルバージョン [DVD]

 

 

スポンサーリンク