読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きゃすのキラキラブログ

好きなもの/ことを布教するブログ ゲーム会社員が書いてる

周りを変えるのではなく、自分が変わる/映画『50/50 フィフティ・フィフティ』

映画/ドラマ/アニメ
スポンサーリンク

はじめに:5年生存率50%と宣告されて......

もしこれが邦画だったら、ああ、よくある『もうすぐ死んでしまう男が主人公の、お涙頂戴系』ね、と言って観るのを止めてたと思うんですが、ハリウッド映画のおもしろいところは、切り口が本当に多様なところ。この映画も、単なるお涙頂戴系映画でないところが良いです。


邦画の名誉のために、邦画でも名監督が取る映画に良い映画はたくさんありますが、中堅どころ(失礼ですが、ヒット規模的には中ヒットなのでご容赦ください)でこのクオリティの映画がたくさん出せるっていうのは、ハリウッドと基本的な脚本レベルに差があるなーと感じちゃいますね。

 

50/50 フィフティ・フィフティ [Blu-ray]

50/50 フィフティ・フィフティ [Blu-ray]

 

 

スポンサーリンク

 目次

 

 

あらすじ&作品概要

 いきなり余命わずか決定!?なんで僕が??

酒もたばこもやらない“普通”の青年アダムに突然告げられた病気は“ガン”だった。27歳という若さで、5年生存率50%のまさかの余命宣告。その日から、アダムの生活環境は一変。よそよそしい会社の同僚たち、看病の重圧に負けそうな恋人、同居を迫る世話焼きの母親…。病気のアダムに気遣って誰も今までどおりに接してくれない!!ただ一人女好きの親友カイルをのぞいては。
カイルと一緒に病気を“ネタ”にナンパしたり、新米セラピストのキャサリンと手探りのカウンセリングを通して、“ガン”の日々を笑い飛ばそうとするアダム。しかし刻一刻と進行する病魔に、やがてアダムは平穏を装うことができなくなる・・・。

監督: ジョナサン・レヴィン
脚本・製作総指揮: ウィル・レイサー
出演: ジョセフ・ゴードン=レヴィット、セス・ローゲン、アナ・ケンドリック、ブライス・ダラス・ハワード、アンジェリカ・ヒューストン

Amazon.co.jp | 50/50 フィフティ・フィフティ [Blu-ray] DVD・ブルーレイ - ジョセフ・ゴードン=レヴィット, セス・ローゲン, アナ・ケンドリック, ブライス・ダラス・ハワード, アンジェリカ・ヒューストン, ジョナサン・レヴィン

 

イライラするが人間味溢れるキャラクターたち

口先だけ寄り添おうとして裏切る芸術家の彼女、生存確率50%なんてギャンブルならバカ勝ちじゃないか、デリカシーの無い女たらしの友人とくちうるさい過保護な母親、科書通りのことしか話せないセラピスト......彼は悲しみを心から吐き出すことのできないまま、死へと向かっていくのです。

 

 彼女は浮気するし、友人は病人である自分をダシにしてナンパまでする、序盤は無茶苦茶な展開が続きますが、友人がアホすぎて、めちゃめちゃ笑えます。

 

あと、序盤に自然の画が出てきますが、撮影で使われたバンクーバーの景色がとても良いです。

 

f:id:Cass_9999:20160507192711j:plain

 

 変わるのは......?

 周りの無茶苦茶なキャラクターですが、彼らが実はイイ奴だった、みたいな展開はほぼありません(あるにはありますが、最重要ポイントではない)。

 

メインは、少しずつ悟っていく主人公の姿です。この主人公を演じるのは『インセプション』アーサー役のジョセフ・ゴードン=レヴィットで、かなりの二枚目ですが、ジャケットにもあるように坊主になります。

そこからの弱々しい状態で色々な感情表現をするのが見ものです。
。熱いです。自分が変わる事によって、周りとの関係性も変わっていくのか、ということを見事に描き切っています。

50/50 フィフティ・フィフティ [Blu-ray]

50/50 フィフティ・フィフティ [Blu-ray]

 

 

スポンサーリンク